本モデルはウラカンクーペをベースに軽量化・高出力化・空力性能の向上を施し、ニュルブルクリンク北コースの市販ロードカー最速ラップを記録した「ランボルギーニウラカンペルフォマンテ」を忠実に再現したモデルになります。
ランボルギーニは2017年3月に行われたジュネーブモーターショーにて「ウラカンペルフォマンテ」をデビューさせました。
最大の特徴は専用に開発されたエアロダイナミクスシステム「エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ」(ALA)です。
これはフロントスポイラーとリアウィングに備わっているフラップを開閉することにより、コーナリング・ブレーキング時には大きなダウンフォースを発生させ、加速中や高速走行中には空気抵抗を可能な限り少なくするシステムで
す。
ウラカンペルフォマンテはALAを搭載するため前後のエクステリアも進化しました。
フロントバンパーは蛇の牙をモチーフとしたデザインに変更されよりアグレッシブになりました。
リアエンドには「ALA」を組み込まれたリアウィング、エアダクトが組み込まれたエンジンフード、大型化されたリアディフューザーを装備しています。
インテリアは基本的にウラカンクーペを踏襲していますが、軽量なカーボンスポーツシートを装着し内装のほとんどがアルカンターラで仕上げられています。
エンジンは従来の610psから640psに出力を向上。
ゴールドに塗装されたインテークはディアブロSE30などのスペシャルエンジンの伝統に則ったものです。
モデルはランボルギーニより提供された3Dデータから3DCADデータを作成しました。
極力ディフォルメなどを行わず、実車そのものを雰囲気を再現いたします。
新たに装着されたリアウィングはホワイトメタルを使用し薄く成形。
裏面にはALA用の穴も再現しています。
車体に多用されている軽量素材「フォージドコンポジット」はランダムなパターンを持っていますので、一つ一つのパーツにブラシでパターンを入れ、クリアーコーティング仕上げを行うことにより質感を上げています。
今回発売する仕様ではペルフォマンテ専用設計の鍛造20インチ「ナルヴィ」ホイールを再現します。
またフロントスポイラー、サイドスカート、サイドミラー、マフラーエンドなどがハイグロスブラック仕上げとなる”スタイルパッケージ”を装備した姿となります。

スケール:1/43
形態:完成品ミニカー
メーカー型番:em363j
JANコード:4573433688092

▼商品登録日:2018年09月05日

スーパーセール期間限定 アイドロン 1/43 EM363J 完成品ミニカー ヴィオラオフェリア 2017 ペルフォルマンテ ウラカン ランボルギーニ-ミニカー・トイカー

事業内容一覧